にげろばくはつするぞ



                                                                 


kare-.jpg

kare2.jpg

 『カレーライス・2』 【おかわり】  2017 6.7×5cm (ボールペン)



 ☆ 「カレーライス・2」は3点の絵をひとつの額に収める初めての試みで、上の2点で比較的大きめのメインの作品
   を挟むスタイルにしようと思っている。
   
   鉛筆作品とは違い、ボールペンの場合、描き損じは絶対に許されないので緊張と集中を要す。
   まして、この作品はマッチ箱ほどの小ささゆえ手が震える時も多々あり、根気の無い自分としては長時間の作業
   ができず、日にちばかりが経つ一方だ。 いちばん捗るのは酒を飲み終え、寝る前の作業時間。
   この時間は酩酊状態のリラックスによって、なめらかに線を引くことができる。

 
  


koutetsu.jpg

                『ゴールデューム駅』  (2017)  30cm×30cm (鉛筆)

☆  未だ共感してくれるひとがいない「ソファ、クッション」に対するエロス的偏愛を描き続けている。
   今作は小説に登場する鉄道内でのワンシーンで、まだ制作途中なのだが、角型のクッションが暴力的に
   犯されている、という様をもっと過激な表現で描き込めればと考えている。




   

4月12日 (水)

半年ぶりくらいかな?
Kと沖縄へ行った。夕方5時くらいだったか、そんな時間の飛行機に乗って。
羽田に着いて、出発までの1時間弱のあいだ、イートインのある売店でKはちいさなおにぎりセット(3つ入り)
を買い、離発着する飛行機が良く見える大きな窓際のカウンターに座って俺はビールを飲んだ。

しかし、今回の行きの飛行機は随分と揺れたなあ。
そして眼下に街並みが見える時はよいが、果てまで真っ白な雲海が続くと不安を強く感じるのはいつものこと。

那覇に到着したのはすっかり暗くなった8時頃だったろうか。意外な肌寒さだ。

夜は「東大」というおかしな名のおでん屋にゆくのが今回の目的のひとつだった。
だがシャッターが下りている。
「貼り紙」を見ると9時半オープン。ええ?

話しは飛ばし、果たして9時半。
店内はあっというまに満卓になった。
カウンター4席に座敷には5つの卓で座布団は無い。なぜ無いのかはKの説明により納得。

オリオンの生ビールがこんなにも旨いとはね。
島らっきょう、豆腐蓉、ゴーヤの黒糖酢漬け、いずれも味蕾の目覚める旨さに驚いた。
おでんは大根、玉子、野菜、こんにゃくなどが大皿で来た。ここはひとつのタネが大きい。
良く煮込まれているものの、煮崩れせずのしっかりとした大根は湯島の「K」より旨いだろう。
「東大」は関東の味に近い。「K」は関西の味だから比較は愚かしいのだが・・。
泡盛は「咲元」と「国華」。
あればいいなあ、と思った「どなん」「カリー春雨」「ニコニコ太郎」は無く、残念。
(深夜、ひとりで再び訪れたときは豆腐、を頼んだのだが、まあ、その旨さは何にもたとえようがない)

翌日は「制作」のため、Kは別行動をし、俺は佐喜眞美術館へゆくため宜野湾へとバスで向かった。
天気は上々。乗客も殆どいないバスの最後尾を占める。
40分ほどバスに揺られた頃、電話がある。つつがなく制作を終えたKからだった。
美術館で落ち合うことになった。


佐喜眞美術館。
一見、気の利いた豪奢な個人宅にも見えるこの美術館。
ここは大好きな美術館だ。展示というよりはこの美術館を味わうための再訪だった。
無人のカフェでコーヒーを飲む。
誰もいないことを良いことに寝転ぶKを挟んだ大きな窓からは、ゲートボールをする地元の人々が芝生にいた。
そしてのどかで広い空。

首里に戻り、ゆいレールに乗る。(現在、那覇↔首里間のこのモノレールは、首里の先へと延伸工事の最中)
始発なので先頭座席に座れた。良い眺めだ。








中上

☆ 中上健次は初期小説と「異族」くらいしか読んだことがないのだが、この人の存在感とひととなりにいつも興味
   があった。
   この「エレクトラ」はもう、ひとつのドラマと言ってもいいだろう。凄絶なまでの小説構築への熱情と、非凡かつ
   旺盛な作家魂というものを改めて思い知らされた。他の作家は知らないが、書かずには生きておれない、宿命的
   な小説家だったのだなあ。
   殆ど一息で読み終えてしまったという、昨今、稀な読書体験を味わった一冊。




ライアン

☆ いつの日か忘れたが、ひどく落ち込んだ時があった。近頃だ。
  不安に苛まれた時に部屋に流して救われたのがライアン・フランチェスコーニのこの一枚。
  ギター・ソロなのだが、奏でられる「間」が絶妙なギターだ。
  音楽家ではないのでうまく説明はできないが、呼吸がとても楽になる。
  (無論、だからとはいえ、その時の辛さが全て解消されたわけではないが・・・)




サルトル

☆ 横積みになってる本やらCDなどの書架整理をしていたところ、懐かしい本が出てきたので久しぶりに読み返している。
   おもしろい。
   ロカンタンを取り巻く生活描写や日常体験などが、茫洋とした非現実的なものに感じられ(当時、自分はそう
   読み進めていた。)そこここに飲食物の描写が散りばめられているところなども非常に興味深く楽しい。
   「存在」とか「本質」とか「神」とかは考えずに読んでいた。
   というよりそれらを考える頭は今もって無いのだが。

   妖しい狂気すら感じるこの小説はバタイユよりもエロティックかつ夢幻的だな。
   しかし、ノーベル賞を辞退するとは・・・、すごいね。



スポンサーサイト

2016年 西牧徹展 『果樹園の狩猟のための9つの小品』



◎ 空はようやく晴れ、海の壮大さに呆ける中オリオンビールは冷たい。
見たことが無かったな。これほどまでにすばらしい海って。
「ここに棲んだら絵なんか描かなくなるだろうな」
生涯訪れることはないだろうと思っていた初めての沖縄にこれほど陶酔するとは思わなかった。

9月の旅行を堪能できたのは故郷を愛するKの綿密なスケジュールのおかげだった。
俺は小学生の頃、楽しい夏休み旅行から帰ると小規模なノイローゼ状態に陥ったことしばしば
なのだが何十年ぶりだろうか。
それが来た。(今は治まったが)

◎ さて、細かな日記は手帳にとどめ、ここでは11月の個展のこと。
N氏がお膳立てしてくれたこの度の個展は、札幌にある「ギャラリー犬養」で開催いたします。
展示を終えたら次の個展からはスタイルを変え、新しい世界観の作品を作って行こうと考えている。



annnai.jpg

遊園地           

☆ CGによる実験的旧作ではあるけれど展示をしたことがなかったこの作品も展示の予定。
  今後はCGによる制作は考えられない。




◎ 今年2月に訪れた時は残雪に埋もれ凍て着く、だだ広い一軒の古民家であり、無人の暗さも相俟って
迷宮が如くに感じ、ここで展示をする・・、ということが実感できなかった。
しかし、気がつけばもう来月だ。

◎ 『果樹園の狩猟のための9つの小品』という副題は、現代音楽タイトル風に気取ってみた。
「現代音楽」と言えば何十年前になるかな。
随分と『現代の音楽』 (NHKーFM) を録音した。
今もそのテープが (放送分にして10回くらいだろうか) あるのだけれど、今聴いて実に鮮烈に感じる。
また、この番組、上浪渡さんの独特な語り口を味わうために楽しみにしていたと言っても良いくらいだ。

◎ 時は同じくして80年代半ば。
自分の絵の方向性に煩悶していた頃、西武百貨店内にあった「アールヴィバン」 (池袋店の12階。今は無い)
は無知な俺にとっての言わば羅針盤であり、啓蒙の聖地と言えた。

内外の画集、美術書、そして区分けされた小さなスペースには現代音楽、前衛音楽のレコードに加え
名も知らぬ音楽集団やアマチュア・アーティスト達のカセットテープのコーナーもあった。
そのレコード、テープ、ほとんど全てと言ってもいいほど知らない俺にとっては未だ見ぬ宝石の如くに見え
美しくも奇妙なそれらに強く惹かれた。

ジャズ、ノイズ、インダストリアル、パンク、エレクトロニック・ミュージックそして詩の朗読・・・。
テープのスリーブも紙製、ビニール製、はたまた布袋入りと、各々の熱意と個性が強く感じられる。
そう、身銭を切っての芸術表現のその熱い意気は、ほんの小さなそのコーナーをまさに輝かせていた。


店は静かでいつも客はあまりおらず、奥のカウンターにはいつもTさんが居た。(20代後半か30代前半だったろうか)
理知的な顔立ちに、良く手入れされた髪と髭そしてシルバーフレームの細身の眼鏡がよく似合っていた。
Tさんは、望めば躊躇なくレコードのラップを切り、新品の盤をプレーヤーに乗せ針をおとしてくれた。
買う日もあったが3.4枚聴かせてもらいながら買わぬ日もそうとうあったと記憶している。

自身が音楽家でもあるTさんなのだが、ここには彼自身の手掛けたテープも置いてあった。
ギター、ベース、ソプラノ・サックスなど幾つもの楽器を駆使する、彼の奇妙な作品集を今も俺は大切に持っている。



te-pu.jpg

 ☆ 「HATAGО-YA」 というのがTさんのアーティスト名だった。
   この美しいデザインワークも御本人の手によるもので
   ギター、ベース、ウッドフルートそしてリズムボックスからなる
   シンプルな構成による奇妙な、だが今もってスタイリッシュ
   なこの音楽は何と表現すれば的確だろうか。

   うねるベースは重くダークで、そこに歩みのようなリズムが
   ゆっくりまつわりつく・・・。
   ジャズ、民族音楽、現代音楽を扱う店で働くTさんの詩的前衛室内楽
   とでも言おうか。
   深海魚音楽、暗室音楽・・・。
   いや、言葉足らないだろう。




ノルゲ

☆ 佐伯一麦の本は今まで書店で手にとっても食指が動かなかったけれど
  2015年に文芸文庫に新しく入ったこの「ノルゲ」を手に取ったのがつい先日だった。
  面白い私小説だ! が、どう面白いかは説明が難しい。が、面白い。
  楽しみに読んでいる。






◎ 今週のこと。


刷り上がったDMを各地に郵送したり、配布したり。
作品の完成も急ぐ。
来年制作予定の本のため各種作業をする。
その合間、酒はやはり欠かせず。
近頃細々つくったもの。以下。


・ 温度調整を忘れた冷蔵庫で水菜は凍てつき、葉は使い物にならない。
  その葉だけ落として納豆と和える。醤油、いりこだし、レモン汁で。
  5cmほどと、長めに切った水菜を蕎麦のようにすすると旨い。

・ 立ち読みした料理の本から。
  いんげんをゆで、2,3センチほどに切って明太子と和える。
  ここに醤油を2,3滴おとすと香ばしくなり一層良いようだ。

・ ひどい店に入っちゃったなあ。と思ったが料理はなかなかにおいしいのだった。
  西池袋のイタリアンバル。
  ここで教えてもらったもの。
  クリームチーズとピザソースを練り合わせる。
  そして玉ねぎとピクルスを細かく刻んだものを混ぜ込むのだが、これが網焼きした
  バゲット (食パンでもいいだろう)、クラッカーに塗って食べる。
  旨い。
  ワインやウイスキーのソーダ割りにとても良く合う。

・ 大根のステーキをつくった。
  コンソメ、砂糖、胡麻油少々とにんにく醤油でよく煮含めた大根を引き上げ、水分をとばす。
  ラード、バターで表面を焼く。(フライパンで)
  付け合わせはクレソン。

・ 蓮根と水菜、ツナのサラダ。
  マヨネーズ、レモン汁、サラダオイル、黒胡椒、砂糖、パセリでドレッシングも。

・ 海老とチンゲン菜を使い、クリームソースをつくり、クリームパスタ。

・ アスパラガスとマッシュルームの炒め物。
  薄切りの大蒜をたっぷり入れる。

・ パンケーキを焼いたりスクランブルエッグはKがつくってくれたが焼きたてのパンケーキは
  どれくらいぶりだろうか。実に旨い。

・ ゆうべ(10月17日)はひさしぶりにカボチャを買い、ポタージュをつくった。


 
 

メラニー

☆ 少し前。
   アマゾンでは在庫が無く、タワーレコードに問い合わせたら新宿店にあった。
   アナログシンセのほどよく絡み、影に沈み込んだような雰囲気が素敵だ。
   深夜良く合うジャズ。




シブースト

                       「シブーストの室内」 (2013)




4月27日(木)


荷物を持つのがきらい。傘を持つのはもっときらいだ。なので雨がやんでよかった。

7時にミッドタウンのスターバックスでアトリエサード編集長の鈴木さんと待ち合わせ。六本木のギャラリー・バー「CROW」に行く。

友人のフォトジャーナリスト、ケロッピー前田さんの写真展。

展示数は少ないものの、スライドを効果的に使うことで鮮烈な印象を与える展示だった。

ここ「CROW」では僕も展示の予定がある。ヴァニラでは出展を止められた作品数点を出す。

前田さんにもらったチケットで2杯飲み、色々話しをしたあと、店を出、鈴木さんと新宿へ向かう。

もう9時過ぎだ。


 安い「魚の串焼き」の店を目指したが満席。「沼田」へ行く。

壜ビールをとり、ガツ、はらみを焼いてもらうがここのガツは醤油焼きでとっても旨い。醤油の焼けた香ばしさ

に熱い肉。実に旨い。お通しのキャベツの塩もみがいいアクセントだ。

途中、鈴木さんの連れ合いのかの子さんが来る。先日、彼女に戴いたアロマオイルのお礼として落雁を渡す。


酒場というのは多様だ。

やたら騒ぐやつらのやたら多い店。おたがい酒飲みを尊重し肩をふれあい知らぬひと同士でも和気漂う店。

バリアを張り巡らせたひとたちしかいない店(他者が目に映らないやつら)

ここは比較的和やかな店だ。安心で楽しく旨いものを飲み食いできる。



11時半。

店を出る。

12時の最終特急。

家に帰ると雑多なことを済ませ、12月の個展用の絵を考える。で、クロウに展示する絵を続行少々。

ハイボールを飲みながら調べもの。

就床。









銀座・ヴァニラ画廊 西牧徹黒戯画展『borgswede-cafe』

   

本

☆ 「borgswede-cafe」 (水仁舎刊)



数年ぶりの新作展である「borgswede-cafe」初日は20日。
オープニングパーティーも同日だったのだけれど、なにしろ数年ぶりということもあって、果たしてどのくらいのひとが来てくれるのか心配だった。しかし、はじまりの17時より友人、知人が集まり始めてヴァニラ画廊B室は狭いとは言え外にあふれるまでの盛況になった。みんな平日の忙しい中、集まってくれた事には心より感謝すると同時嬉しさでいっぱいだ。まだ、会期中ゆえ、おちついたらここに書き記す事にする。




遅れた日記・3 「オリエント工業 / 海景 / つくね辛味噌焼き」



爆発する玉子

★ 「爆発する玉子」(2000)

渋谷美蕾樹の初個展でお買い上げいただいた作品のデータに修正と加筆をしたうえ彩色を施したもの。
現在も販売中の冊子の表紙に使用している。




1月16日(水)


 オリエント工業の林拓郎君から久しぶりに酒の誘いの電話があった。今日は三茶の「久仁」ではなく、西日暮里にあるタクちゃんお勧めの「菊一」。待ち合わせは7時。午前、午後と仕事をする。現行の作品の背景について考えあぐねた末、要塞状の岩山と海に決める。描き進めるうちにコンセプト・アート的な連作にすることを思いつきスケッチの整理をする。
身支度をし、5時過ぎの特急に乗る。

「菊一」はタクちゃんが予約を入れていてくれたおかげでゆったりくつろげる小上がりの席だ。お通しの塩豆が嬉しい。ここは焼きトンを焼き鳥と称していた頃の懐かしい風情の良い店だ。中でもつくねの辛味噌焼きがとてもうまい!
10時頃店を出、駅でタクちゃんと別れる。ハブでコロナを飲み帰宅。就寝前2時間ほど仕事をする。
プロフィール

kiemqu

Author:kiemqu
西牧徹/黒戯画世界

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR