西牧徹・黒戯画展 「腐蝕する王」


腐蝕する王
            「中断された朝食・2」





 個展を開催するのは何年振りだろうか。
今回の展示は全て旧作だ。しかし、その全ては新作であるともいえる。
加筆をした。それも大幅にだ。
初展示のときに比べると「育った」という感じに思う。作家というのは旧作を顧みず完全に手を離し新作を創るタイプと、新制作をしつつも時間がある限り、旧作に手を入れ続けるタイプがあるが俺は後者だ。





というわけで過去、重ねてきた個展で、展示した作品のなかから気に入りのものを抜粋した展示をさせて
いただくことになった大阪・乙画廊の渡辺良隆さんに感謝いたします。


以下、詳細。
なにぶんにも大阪での個展は初めてのことで大変嬉しく思っております。


 〇 大阪・乙画廊

   西牧徹・黒戯画展 「腐蝕する王」

   8月23日(金)- 31日(土) <日曜定休>
   ※ 24日 (土)16時よりオープニングパーティー(入場無料・オリジナルラベル・チョコレート
     のプレゼントがあります) 


1kuro.gif

☆ オリジナルのラベルによるチョコレートはこれで3種類。
  今回はチョコレートバー。






  今回の個展は嬉しい事にオープニングパーティーのあと、トークショーをやることになった。
 こちらも久々のことだ。
 いつもお世話になってる三島太郎さん(株式会社フェイバー・社長)の発案で、お膳立てまでしていただいた。
 三島さんにもこの場を借りて(いやこれは私のブログだから借りなくていいんだけど言い方わかんないな)
 お礼申し上げます。

 ホスト役はこちらもまた常日頃から「TH」誌面にて多大なお世話になっているアトリエサードの社長の
 鈴木孝さん。まあ、この場合、私などより鈴木さんのほうが知名度もあるので、トークショー
 というより、ふたりでさまざまな引き出しあいのできる楽しい対談といった感じになれば・・と思います。  

 以下、詳細。


 〇 8月24日 (土) 20時より

    大阪・夕顔楼 

    「西牧徹(黒戯画家)× 鈴木孝 (TH トーキングヘッズ叢書編集長)トークショー」

    料金: 1ドリンク付き 2000円






  
スポンサーサイト

随従性協調骨格筋と可変内骨格の相関図・⑥


dark.gif

  ☆ the world of dark crystal


ダーククリスタルは1982年のアメリカ映画。人間はいっさい出てこない。
登場するのはクリーチャーのみ。コンピューター制御のロボットを駆使して作り上げられた本作は、CGには無い重量感と存在感が漲っている。


その設定画集が長らく絶版だったが近頃再販された。
素晴らしいチームワークと緻密に構築された独特の世界観が大判、美麗なこの一冊で堪能できる。


ところで映画は続編ができたらしいが公開はどうなったのだろうか。



da-ku.gif

ダーククリスタルの世界のクリーチャーは高い創造性のものが多く、中でもこのランドストライダーは非常に
魅力的だ。




プロフィール

kiemqu

Author:kiemqu
西牧徹/黒戯画世界

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR