それもかねてみんなみにきてっかんね。


2016年


so.jpg

      ☆ アトリエサード刊 『エクストラート』に連載中【toru-nishimaki selection 005】
       はドイツのフォトグラファー、ヴィクトリア・ソロチンスキー。




〇 札幌の個展、図書館、美術館、画廊、そして随分友人、知人に会った。
  中でも図書館にゆく、という習慣というか、齢52にして今更ながら図書館の魅力に開眼したというか・・。
  日記手帳をざっと斜め読みし、簡単な記録抜粋で2016年のブログを締めくくろうと思う。

〇 今までにない大敗を喫した札幌での屈辱は来年2月神保町の画廊での失地回復を誓い、ここでは触れない。
  しかし、久々の北海道は実に楽しかった。
  全体的に2016は連載記事(アトリエサード刊『エクストラート』)の好感触やフランス、エノルマTVへの出演、そして企画展の
  決定など、いくつかの芽は吹いた(小さなことではあるが)。

〇 具体的ではないけれど朧ながらのイメージがある。
  2017年は作品集を制作する予定。
  






● 10月26日 (水)

ケロッピー前田さんとは何年の付き合いになるだろう。阿佐ヶ谷のトークショーで酔ってやじを飛ばしたのがはじめだが
お互い、個展に行き来し、呑み、先日は池袋で開かれた国際的規模である『ミネラルショー』に誘ってもらい会場を歩いた。
そんな前田さんから電話があったのがいつかは忘れた。
経緯は(このこともすっかり忘れていた)3年も前だろうか、随分世話になったフランスのジャーナリストであるアニエス・ジアール
に長いインタビューを受けたものが本国でつい先頃出版されたそうなのだが、それをエノルマのスタッフが読んで俺に会いたい
と言ったことからだった。


エノルマ


駅まで迎えにゆくとまず飲むことになりスーパーへ買い物。
選んだ肴はすべて刺身だ。
鮪、イカ、帆立、しめ鯖・・、と、俺はここで大好物である鯨刺しを発見。
しかし「問題を複雑化するのはやめましょう」と前田さんに言われ笑った。
そうね。鯨だもんな。

帰宅し収録に先立って軽い酒宴が始まると、フランス人ふたりの箸遣いのうまさに驚く。
生魚が大好物というのにもっと驚く。


撮影


数時間を経たのち、収録を終えての記念撮影。
フランスでは12月22日に放映された。



● 12月6日 (火)


府中市美術館へ「藤田嗣治展」を観にゆく。
車で狭山湖、多摩湖を抜ける道は細くしかも急角度で蛇行するので楽ではないが楽しい。
初めて訪れるこの美術館は特筆すべき点は無かった。
しかし、出展作は揃いも良く、九段下の近代美術館のものより面白かった。
図録を買う。

帰宅し、深夜借りておいた映画を観る。
『ライフ・オブ・パイ』
こういった極限ものは大好きだ。


raihuobupai.jpg

☆ 『ライフ・オブ・パイ』
   ディズニー的な単純感動ものと思いきや、予想外の奥深さと謎を残す佳作だった。
   まさかこの映画がきっかけで『ポオ』を読むことになるとは。


● 12月14日 (水)


1年ぶりくらいかな。
HPNの会は神保町で。
やはりこの3人会は特別な面白さがある。
醸される雰囲気がいい。
料理は手羽先唐揚げ、鶏と冬野菜の南蛮漬け、鶏天、明太蓮根そして水炊きを。
Kのおみやげの手羽先を買う。
揚げたても旨いが冷めてもこれならば旨いだろうと思い、10本を包んでもらった。



● 12月18日 (日)


最終日ということもありチケット売り場から混み合う行列の「ゴッホとゴーギャン展」は東京都美術館。
思った通りゴーギャンの絵には何の感興もなく殆ど素通りする。
そんな中アドルフ・モンティセリという画家を初めて知る。
ゴッホに因みが深いと言われるこの素晴らしい作家を知ることが出来たのは今展最大の収穫と言えよう。
その異様とも見える厚塗りの技法と暗い色使いに圧倒された。

観覧を終え、浅草へ着いたのはとっぷりと暮れた頃合いだった。
鴨料理と蕎麦の店「つるぎ」は以前より訪れてみたかった浅草の料理屋のひとつなのだが期待を裏切らない
良店であった。
日曜ということもあり、切らした献立が幾つかあったのは仕方がなくそれでも明太子、天婦羅、白うるか
そして鴨しゃぶと頼んだ献立すべてが旨い。蕎麦も無論。

久しぶりのアンヂェラスではやはり梅ダッチコーヒーそしてサヴァラン。
バスで池袋へ帰る。浅草↔池袋間のこの路線は好きだ。



tennrann.jpg





yoni.jpg

☆ 「おまつり」「空の雲」なんて素晴らしい詩だろうか。
  聴き込めば聴き込むほどに味わい深い。






● 12月26日 (月)


雑司ヶ谷のピス賢の家にゆくのは何か月ぶりだろうか。
これもご無沙汰の「鬼門会」は今回特別の編成となる。
ピス賢、小峰、光村(友人の写真家)、Kとその友達のD、兵庫(ピス賢の隣人で漫画家)の7人。

Kと西武地下で鶏皮ポン酢、蒲鉾、鯖の燻製、手毬寿司、棒餃子など料理をいくつか買い求め、鬼子母神で光村と落ち合う。
後、曽根宅へ向かう。
狭い六畳一間にひしめき合い、酒を飲み料理を食べながらの談論風発はいいが、ひとが多いとやはり
話しは跳ぶ。
兵庫君がつくってくれた肉じゃががなかなかに旨い。


aone.jpg

☆ ピス賢のシングル小説集の第2弾。
  彼は文章巧者だが正直ブログのほうがおもしろい。
  まあ、これは仕方のないことだろうと思った。



● 12月28日 (水)


長年世話になっている三軒茶屋の画廊『ガルリ・アッシュ』の忘年会が終わり参加者は画廊の壁面に最後のサインをした。
その時の仕上げがしたく、kと共に三軒茶屋へゆく。
これほど大きな壁面画は初めて。
1時間休みなく描く。
鉛筆画的に細部まで、と思ったが無理。
全体的に黒くなっただけだ。ほどほどで終える。
そのあと重富さんのお誘いで3人での忘年会はイアリアと中国、ふたつの国だけの料理がある風変りな店。
しかし旨い。
その後、バーに連れていってもらいズブロッカを飲む。
すっかり御馳走になり帰路につく。


sain.jpg

axtushixyu.jpg


● 12月30(金)


神保町にゆく。
今年最後の飲み会はアトリエサードの編集長・鈴木夫妻とKとの四人会。
場所は先日HPNで、思いのほかの収穫のあった九州料理の店で。
手羽唐揚げ、馬刺し各種、しゃぶしゃぶなど、締めは雑炊。焼酎は四合壜を二本あけた。

結局前回同様、カラオケとなり始発まで歌う。
住まいの駅に帰り着くと空腹でマックで食べタクシーで帰宅。






heikou.jpg

☆ ただ今、平行して読んでる本。
   「極北」は中でも際立った面白さ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiemqu

Author:kiemqu
西牧徹/黒戯画世界

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR