遅れた日記・1 「ピンクフロイド / 伊勢丹 / 四谷バースト」

1月3日(木)

Gが率先して作業してくれている黒戯画目録用のため、午前中、旧作の撮影をする。
2001年の初個展以前の作品が見つかる。未完だが捨て置くには少々惜しいもの。
口幅ったいが今では描けない昔の自分の絵の良さがある。敬愛する小説家,森内俊夫先生と何度目かにお話しした時「こういうもの(『骨川に行く』の事)は書こうと思っても今ではもう書けない」とおっしゃった時は意味がよくわからなかったが、今にしてみるとなるほどと思う。

ウィンタースタイル

★ 撮影の合間、ドールの写真を撮る。
  オリエント工業2002年生産のもの。
  名前は「リナ」。ウィンターコーディネイト。

 
 今日は曽根さん(元、バースト編集長・ピス賢)と飲む約束。
2時に小峰正治さん(レコードコレクターズのライター)と新宿の紀伊国屋書店で待ち合わせる。
長身の小峰さんは相変わらずお洒落だ。彼の提案で「新年のディスクユニオン」に立ち寄るとピンクフロイド「アニマルズ」のデジパックが安い。買う。その後、伊勢丹地下で日本酒、鯖と平目の棒寿司、焼き鳥を買う。寿司もうまいが、ここの焼き鳥がさめてもうまい逸品。
事務所に着き、さっそく飲み始めるが今日の曽根さんは慎重だ。年末年始と連日飲み過ごしたらしい。曽根さんがビールと実家から送られてきたという自家製のラッキョウと笹かまぼこを出してくれる。たちまち時間は過ぎる。もう10時半だ。小峰さんを残して事務所をあとにする。帰宅後、ハイボールを一缶飲みながら2時間ほど仕事をする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、Gです。
全画業 集積プロジェクトの「作品リスト」に艶画9作品を追加しました。
各ページの末尾には次のページに飛ぶためのボタンも設置しました。
このコメントの右下のURLからどうぞ。(私のサイト内のページに飛びます)
プロフィール

kiemqu

Author:kiemqu
西牧徹/黒戯画世界

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR