潜水艦の写真集を見て「いいね」とおじちゃんは言った。


リン

★ Mikel Rouse Brokenconsort  「A LINCOLN PORTRAIT」 (1988)


 90年代に「ニュージャズ」という、ジャズを基本に様々な音楽形態をミックスする音楽が出てきた。
この「リンカーン・ポートレイト」はまだそのことばが出る以前にリリースされたものだが、聴いたときの衝撃は相当なものだった。これこそジャズへの先鋭的なアプローチではないかとさえ「当時」思ったものだ。そう、ジャズ、ロック、現代音楽などのシチュー、前衛的なクロスオーバーとでも言うべきか。
 リンドラム、ドラムス、ソプラノサックス、キーボード、ベースなどの編成から繰り出される「音」は聴きなれない者をかき乱すかのようなリズム群でもあった。リンドラムとドラムスの交錯する複雑な変拍子は分裂、破綻一歩手前ともいえるが、極めてくっきりとしたタイトな音質のこのアルバム、録音はサウンド・エンジニアとして当時名を馳せたマーティン・ビシによるもので、このひとはビル・ラズウェルとセルロイドを立ち上げたひとだ。
インダストリアル・ロックの偉才、ジム・フィータスのアルバムなどもプロデュースした。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiemqu

Author:kiemqu
西牧徹/黒戯画世界

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR