遅れた日記・10 「松葉杖/バーボン/電話」

 

2月15日(金)


整形外科へ行ったのがケガの翌日。左足の靭帯損傷。痛みは足裏を床につけられないほどだった。
この程度で済んだのは神様の御加護としか思えない。友人たちも医者もよくこの程度で済んだと言う。


ジャック
★ 「シャイニング」(1980)より。

 ジャック・トランスのような階段の落ちざまにならず心から良かったと思う。
 あのシーンはすごい。




 しかし人生初の松葉杖だ。
室内、しかも段差の多い我が家では使い辛いこと甚だしい。3日経つがもう痛みは無い。ギプスと湿布、内服のおかげで治りつつあるが、どこへも行けず日がな1日制作と読書の日々。久しぶりに餃子をつくる予定だったが買い物にゆけず断念。
昼には冷食のいかとたらこのスパゲッティ、バーボンのお湯割りを1杯飲む。

Pからお見舞いの電話がある。彼から電話というのは珍しいのだが、とても嬉しい。

夜、仕事をしてると曽根賢さんから電話があった。もうだいぶ酔ってるようだ。
しかし彼はあれだけの宿病を背負いながら実にタフだ。酒を飲んで階段から落ちてけがをしたことを言ったら笑われた。
しかも、それで死んだやつはたくさんいると、実に嬉しそうに言う。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiemqu

Author:kiemqu
西牧徹/黒戯画世界

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR