遅れた日記・12 「カニ/買い物/夜更けのコンビニ」


2月21(木)


どんよりした気分。
買い物にも行けない日々に鬱屈している。

夕方、カメラマンのSが豪華なボイル蟹のセットを持って遊びに来てくれた。
この灰色の日々になんとも救われた気分。
荷物をおろすと車でスーパーへ連れて行ってくれて買い物。水菜、アスパラガス、木綿豆腐、しゃくし菜と茄子の漬物、玉子、酒 、そしておやつの菓子パンなど。清算の段になってSが今日のぶんは奢りだと言う。おお、なんともありがたいことだ!家へ帰るとまずビール。
先日の曽根さんもОもそうだがSも仕事の数が減り大変らしい。
まあ、今の時勢それほどの景気良さを語る友人はそれほどいないのだが。


カニ鍋をはじめる。
味はつけず醤油を少々に柚子を絞ってかける。蓋をはぐるとカニのいいにおいが湯気とともに立ち上る。カニの他は豆腐と水菜だけ。
旨いことに妙な形容はいらない。只々、旨い。ひたすら旨い。そして甲羅盛りのカニ味噌の旨さ。菊水の辛口が進む。


食宴が済むといつもの通りコンビニまでアイスクリームを買いに。今日は松葉杖しかも酔ってるのでかなり疲労する。
Sは心配してくれるが、少しは歩きたい。ついでに角ハイボールを買う。音楽を聴きながら話、時計を見るともう4時過ぎだ。
Sは相変わらず持参の寝袋。
就寝。



レストランロケット (20
★ 「レストラン・ロケット」(2006)

海沿いではないけど、深夜ゆくコンビニはこんな小道を通る。
黒い小道だ。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiemqu

Author:kiemqu
西牧徹/黒戯画世界

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR