スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅れた日記・16  「ネクタイ/弾丸タクシー/酒の大七」



3月27日(水)



親戚の通夜ということで福島へゆく。何十年ぶりだろう。
新幹線→郡山。
到着。
駅前なんかは東京と変わりは無いなあ。駅前に限らずどこへ行っても殆どがその地方ならではの風情は薄くなって画一的景観だ。

家を出る時、黒ネクタイが見当たらなかったため、ホテルにチェックインしたあと隣の「うすい百貨店」で買い、その場でしめる。
売り場のかわいい店員さんの、ほのかな福島弁を聞いて当時のことが懐かしく思い起こされる。



カピ

☆ 「ぼくはどうすればいいんでしょう」と聞く猫は先生のところへ預ける。




時間が迫り駅に急いだが失敗。
ローカル線ゆえ、なんと1時間に一本という列車を乗り逃がした。ばかか。さあ、困ったぞ。次まで待ったら通夜の時間には大幅に遅れる。タクシー乗り場へゆき通夜に急ぐむねを伝え、料金と時間を聞くと安い小型タクシーを呼んでくれ、なんと料金も安くしてくれる。


タクシーは街中を抜けると大変なスピードになり始めた。
雨が降り始め、それは次第にフロントグラスを叩く大きな雨粒になってきた。しかもそんな中、先行車との距離はわずか3mくらいだ!
メーターは60㌔、70,80,60.70と、60よりおちるのは信号前後だけだ。
右に左に小刻みに蛇行する濡れ光る細い山道をタクシーは突進し、あがるしぶきも只事じゃないぞ。
通夜のための持参の数珠を握り締めたが手はもう汗まみれだ。


ぐったりで到着。自分の通夜にならず済んだ。驚くべきことに遅刻はわずか十五分程度。信じられぬ。
この運転手はもともとこうなのか、それとも通夜のはなしを聞いていつもより飛ばしてくれたのか。これは正直判らなかった(笑)
深く礼を言い下車。


数十年ぶりで出迎えてくれた親戚一同は厚く歓待してくれた。
香典と手土産を渡し、焼香を済ませると酒席に案内してくれたが歩きながら小遣いをくれる。辞退するまもなく喪服のポケットにねじ込まれた。年寄りの勧めはありがたく受け取るもんだとの言葉。
その後本家へ向かい再び焼香を済ませ親父の兄貴(御歳88歳。米寿だ)と話しをする。達者だ。しかもかけてるメガネが何だか妙にかっこいい。ここでも固辞するまもなく喪服のポケットにねじ込まれる。有無を言わさないのだ。


郡山まで車で送ってくれるという。これも強く遠慮したが有無を言わせないのだ。子供の頃会ったきりで時間も記憶も止まり、ここ福島では俺は永遠の子供なのか。通夜に出席し、逆に世話になってしまった。


さて、深夜の郡山。
適当に探した居酒屋に入る。ひとり酒。
カウンターの端、気楽な席に案内された。そこここで福島弁が飛び交ってる。
相当喋ったのでノドが渇いた。ビール。やれやれ、ようやくひとりになれたか。懐かしい親族とはいえ、数十年の隔たりがあるうえ通夜の場は気詰まりだ。そこで思い出した「ねじ込まれたもの」をポケットから出す。・・・・まずい、香典よりはるかに多いぞ。
まあいいや。帰ったら何か送ろう。
さて、肴を頼もう。まず、カマンベールの燻製。うまい!軽くまぶしてあるのは甘エビの卵か?お通しは白身魚の南蛮漬け。
桜刺し、炙り明太子を頼む。桜刺しは赤身と霜降りが盛られて来た。
この旨い肉刺しで焼酎を3杯飲み、約2時間のひとり酒盛りを終え、店を出る。


コンビニでハイボールを買うと、福島の酒「大七」ワンカップ箱入り(この酒のワンカップ箱入りとは珍しい)というのがあったので帰宅後、親父の仏壇に供えるために買う。(自分のも)
ホテルに戻ると時計は1時半。部屋で飲んで寝る。一抹の寂しさ。
寂しいし怖いのでスタンドの灯はつけて寝る。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiemqu

Author:kiemqu
西牧徹/黒戯画世界

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。