遅れた日記・19 「風の吹く/シブースト/食品添加物」

4月6日(土)


起きると穏やかな日。
なんだ、天気予報大はずれじゃないかと思った昼過ぎ、果たして風が吹き始めた。
先日、新宿の「ヤマモトコーヒー」で買った豆を挽く。で、コーヒー。ほお、うまいな!ずうっと前から気になってたこの店だがいいね!
クッキーがいちまい、おまけだ。あと十円券も。


ヴァニラの12月個展に出す「ボルグスウェード・カフェ」の対の一点の制作をする。
良い絵になる予感の絵の制作中というのは素晴らしいひととの待ち合わせの場に急ぐ気分に近い。ちいさな絵ではあるが対作品のこれが額装されたときを思うと心が弾む。額はまた友人の画家、こやまけんいちさんに依頼する。(優れた木工職人の技に匹敵する彼の工作技術は大層見事なものだ。)
この2点には猛禽のサシバとモズのエンブレムをあてがうつもり。


午前の制作を終え、昼は餃子をつくる。
いろいろ試したがやはりシンプルなキャベツ、韮、合挽き肉のみがいちばん旨い。少し冷凍し、後日、母に持っていくことにしよう。母のつくる餃子は旨く、僕など遠く及ぶところではないのだが。
餃子自体の味はあっさりしたものにし、タレに工夫を加えるのだがベースはもちろん醤油、酢。これに紹興酒、オイスターソース、胡麻油、そしてかんずりを足す。ブレンド比率をうまくすると、これはとっても旨いつけタレになる。


土曜日なので昼酒を飲む。ハイボール一缶と酒を一合。肴は烏賊の塩辛。安かろう悪かろうモノを買ってしまい後悔する。やはりステビアなどの甘味料が入ってるものはもう後味でがっかりする。
添加物で近頃特に気になるのはたん白加水分解物だ。もー、どれにもこれにも入っていやがる。


夜。制作。
ここまできておかしな点に気づいた。
慌てて修正をする。デッサンの基礎がなってないことをつくづく思い知る。







P1010629.gif

☆ 以前、Aが彩色と額装をしてくれた小品。(レプリカ)








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiemqu

Author:kiemqu
西牧徹/黒戯画世界

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR