スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅れた日記・20 「ヨルク・シュマイサー/香十/招待券」

4月23日(火)


銀座の青木画廊「ヨルク・シュマイサー展」へゆく前に珈琲屋でギャラリーガイドを読む。
待ち望んでいたこの版画家の展覧会があることを知ったのは数週間前だった。 残念ながら昨年の展示を見逃していたので今回見ることができたのは幸い。



ヨルク

   ヨルク・シュマイサー 「キャセイ」シリーズより一部・月  (1976)




 店を出ると香十へゆき、ムスクの名刺香を買う。
その後アトリエサードの鈴木さんとともにシュマイサーを鑑賞する。続いてスパンアートギャラリーへ友人の画家、森口祐二展へ。
彼の展覧会にはいつも必ず一升瓶がある。しかも数本ある。早速すすめられ一杯飲む。

180cm超のいかにも男らしい風体からはあまり想像できない絵を彼は描く。繊細、流麗華美、彼が駆使するその色彩の美しさは色への先天的な鋭敏さをうかがわせるに充分なものだ。

7時過ぎ。
シャッターを閉めたあともしばらく飲み(結局茶碗酒を四、五杯)その後スパンの主人、種村さんと全員(数名)で有楽町ガード下のもつ焼き屋へ移動。(おお、かの「ミルクワンタン」の並びだ。)
2階の座敷を種村さんがとってくれたのだが、腰を屈めなければ歩けない天井の低さに一同驚く。すぐ真上が線路なのだった。
その割りに通過音や振動はそれほど感じない。焼き物も旨かったが刺身(特にヒラマサ)が鮮度もよく、すこぶる美味。

11時閉店で会はお開き。
最終特急で帰る。帰宅後、猫のトイレを掃除し猫に夜食を出し、入浴。
1時間ほど制作する。で、宝焼酎ハイボール(レモン)を一缶飲みながら少しだけ本を読む。
さあ、寝よう。
あ~寝床に横になると楽だ!なんと楽なことよ。眠る。猫も眠る。




※ 鈴木さんが練馬区立美術館「牧野邦夫」展の招待券をくれた。是非とも行きたい展覧会だったので嬉しい。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiemqu

Author:kiemqu
西牧徹/黒戯画世界

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。