遅れた日記・24 「雨と黒猫」





5月30日(木)


潔くない雨のいちにち。
隠居老人の道楽が世間さまに阿っているのか虚勢を張ってるのか理解に苦しむところにゆく。数年前も義理から行かざるを得ず「偽賢者」の屯する空間の、えもいわれぬ俗悪臭漂う時間に閉口。二度と再び金輪際足を運ぶ事は無い。義理は一度果たせばよい。



 蒸し暑い町と地下鉄にあえぎながら赤坂見附に到着した。7時に待ち合わせ。GとP、3人の定例会なのだが、本日は「黒猫夜」という中国料理の店だ。何年も前から気になっていた風変わりの店名のここは、料理も普通の中国料理と少々違うようだ。
とりあえずオーダーを列記してみる。

1.生ザーサイとセロリの和え物
2、カエル唐揚げ
3、ピータン
4、スペアリブと新じゃがのホイコーロー
5、蛸と中国漬物のすっぱ辛炒め
6、アスパラガスのスパイシー炒め
7、新じゃが芋のクミン風味
8、空芯菜腐乳炒め
9、羊串焼き
10、くらげと茗荷、大葉の和え物
11、壷入りの鶏手羽スープ
12、玉子とトマトの炒め物
13、天日干しそら豆のういきょう風味


もちろん一気にオーダーしたわけじゃないが、忘れないうちに書いた。

昔は、妙な思い込みがあり、中国料理(もちろんその当時も旨いとは思っていたが)で酒を飲むなんてことはめったに無かったが近頃、思い込みは氷解した。

Pは相当な健啖家だが、Gもなかなか食べる。しかも以外と濃厚な中国料理が好きだ。
郷土料理とはいえ、中国の食卓はこれほどなのかというほど味は強い。しかし、殆ど炒めもの中心のわりに味に飽きが来ないのはさすがだ。しかもこれでいて消化がいいのは前回の「新世界菜館」の日記でも書いたこと。

〆のスパイス・ティーが出、店長も出てきて名刺を渡された。
まあ、おそらく今宵の上客だったのだろうな。
白酒、黄酒、ビール、中国ハイボールとかなりの酒も頼んだ。



11時過ぎ、店を出るが雨は降り続く。

12時最終特急で帰宅。
コンビニで少々買い物をする。



シャワーを浴び、完成間近の作品の手入れをする。そのあとトリスハイボールとブラックニッカ水割り缶を飲みながらいろんなことをする。
あ~、横になると楽だ。猫もそう言ってる。






☆ 上梓された自著とDVDをPが、我々ふたりに持ってきてくれた。
  ありがたく戴く。
  Pならではの世界が余すところ無く発揮されたすばらしい出来栄えの作品だ。




 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiemqu

Author:kiemqu
西牧徹/黒戯画世界

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR