スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅れた日記・28 「アニエス来日」



6月28日 (金)


先日、アニエスからメールあり。
今日、会うことになった。久しぶりにインタビューを受けることに。
毎年この季節に来日して数ヶ月を日本で過ごすのだが、1年に1度会って会食するのはとても楽しみだ。
上野で待ち合わせることになる。

早く着いたので少し歩くと各地方の物産を取り揃えた店を見つけた。興奮するなあ!
大好きな柿の葉寿司、鱒の寿司、鯖の棒寿司など、押し寿司が全てある。他にも酒の肴が驚くほどの品揃えで全て買いたくなるが、ここは押さえよう。近々友人のОが遊びに来るのでその時一緒に買いに来ようと思う。いや、ここは宝庫だな。

はて、何口にいるんだっけ?
上野はいくつ出口があるんだっけ?
あ、いた。不忍口だった。再開を喜び合うが、今だ例の外国人の親愛の挨拶がなじめない。
通訳は今回、男性のMさん。3人で駅近くのバルに入る。


毎度、アニエスはおみやげをくれるので、今回は僕も持参。おみやげの交換。
インタビューは2時間以上に及び、少々疲れた。ビールもない。
7時をまわりインタビューは終了し、Mさんは帰った。


アニエスとふたりで飲みにゆく。
適当な焼き鳥屋をみつけて入る。アニエスは日本語を学んでる。ぼくは英語はできない。
知りうる限りの単語の羅列、ジェスチャーでの会話だが、これでも複雑なものでなければ意思の疎通はできるのだ。

2時間後、webスナイパーの五十嵐彰さんが合流。
河岸を変え、老舗の居酒屋に行く。
鱒酒を3人で頼み、肴はままかり、葉しょうが、モツ煮そしてさらしくじら。
アニエスは欧米人にありがちな狂気にも近い独善的反捕鯨論者ではない。五十嵐さんが加わってくれたおかげで会話は頗るスムーズに行く。彼は学校教育のみで英語力を習得したというがとにかく敬服に値する流暢な英語を駆使する。
2時間ほど滞在で店は仕舞いだ。

上野に宿をとったアニエスと別れ(8月京都で再会の約束)Iさんとは上野駅で別れる。


呑み足りないので別の店でカウンターに座りハイボールと日本酒を呑む。肴はお通し(甘海老の塩麹漬け?)と炙り明太子。

帰宅後、制作を続行。猫。フェイスブック。ハイボール。シャワー。寝る。




蜜羽

           黒戯画 『蜜羽』

     ○ 旧作に加筆作業中。来月、大阪乙画廊の個展に出展。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiemqu

Author:kiemqu
西牧徹/黒戯画世界

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。