スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅れた日記・31 「遅刻した歯科医」




7月17日(木)


高校時代の友人3人の飲み会。
ずいぶん長い付き合いのこのふたりだが、今日は風呂に行くことになってる。
歯医者の行き着けのサウナなのだが、露天風呂があるらしいので楽しみ。池袋の焼き鳥屋で待ち合わせ。
歯医者は約束の時間を大幅に遅れ、やってきた。
ううむ。まるでオペをすませてきた外科医のような様相にふたり驚く。なんと、ひとりで60人の治療を朝から夜まで行ったと言う。
にわかに信じられないがまだ治療室の気魄を纏わせてやってきた奴の言う事だもの。


場所を地上の鮨屋に替える。
カウンターに3人並ぶのは至極間の抜けた図であるからして、テーブルを選ぶ。鮨屋はカウンターのひとりかふたりがいちばん旨いのだが。

オクラと茗荷和え、白海老唐揚、糠漬け、茄子のはさみ揚げといったところを肴に握りはコハダ、平目、鮪赤身、カンパチ、鯛、といったところを注文。今日のお通しは・・・、うまい。これはカツオの竜田揚げだな。
しかし、毎度思うことだが、このふたりの会話は俺にしたらもう別世界の話しなのだ。世間ズレも甚だしい俺のついてゆける内容ではとても無い。だが、こちらの世界はやつらには無縁とも言えるものなのでそれはそれでおもしろいのだろう。大きさや型の違う歯車でも噛みようはあるのだ。



12時近くにサウナにゆく。どういうわけか歯医者が俺の宿泊費を出してくれると言うではないか。ありがたい。
ゆとりのあるシックな趣のところだ。濃いブラウンのカーペットの敷かれたフロアにひとは殆どおらず。
露天風呂も無人。3人でゆっくりくつろげる。サウナ、水風呂とひとわたり堪能し、ロビーでハイボールを飲んでたら持込をやんわりと注意された。
もう、随分と呑んだのだ。さあ寝よう。

おお、寝間は広く天井高く、燐客との間隔もゆとり有り、寝心地もいいぞ。それにしても皆静かだ。言葉を発するひとはいない。至極快適だ。あ~、横になると楽。猫よ、帰れずごめん


kapiburo.gif




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiemqu

Author:kiemqu
西牧徹/黒戯画世界

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。